お家サーバー日記のレンタルサーバー(Sakura 共用サーバー)への引越し

概要

以前、お家サーバー日記のあった wikiroom.com のサーバーが あまりに不安定で、コンテンツも壊れている*1ようである。 ついに頭にきて、ちょっとしゃくだがレンタル・サーバーを借りることにする。 年間5000円程度で3Gバイト。

履歴

To Do

  1. Open Directory - World: Japanese: コンピュータ: ソフトウェア: インターネット: サーバー: サーバー構築: Unix用にサイトを登録する。 → [2005/6/16] 申請 o0616 [2005/8/31] 再度申請 o0616 [2005/11/25] 再度申請 o0616
  2. 書き込みの時だけパスワードが必要なように設定できない。 『PHP: PHP による HTTP 認証 - Manual』によると、 このレンタル・サーバーでは仕方がないようだ。 とりあえず、完全書込み禁止にしておくが、これだと自分も使いにくいので なんとか対策をする必要がある。 pukiwiki:PukiWiki/Errataにある、attachプラグインの PLUGIN_ATTACH_UPLOAD_ADMIN_ONLY の値を TRUE にすることにした。

ドメイン名

URLを考える。ドメインはここから 好きなのを2つ無料でつけられる。ろくなのが無いが luke.skr.jp とか。 年額1800円からで独自ドメインをとることもできるが、あまり金をかけたくない。 どの追加のサブドメインが人気なの? によると、jpn.org skr.jp あたりが無難。

結局、一番短くなる luke.skr.jp にした。

このサーバーをIPアドレスや www(数字).sakura.ne.jp や第3者が勝手に DNSサーバーに登録した Aレコードでアクセスするとレンタル・サーバーの 広告ページになるようだ。

とりあえず、ドメイン名だけでアクセスしてきた場合、HTTP_HOST によって リダイレクト先を変えるようにした。これで、複数のドメインを使って 別サーバーを立ち上げるときに、それぞれが同じサーバーだということが ばれにくくなると思う。

Virtual Host

Sakura共用サーバーのドメイン振り分けは、おそらく HTTP ヘッダの Host: を見て やっているのだと思われる。HTTPプロトコルに関しては、Wikipediaが分かりやすい。

telnetで繋いでいろいろなパターンを試してみた。

  1. GET / HTTP/1.0 で Host: 無し*2の場合、共用サーバーの広告ページが出る。
  2. GET / HTTP/1.0 で Host: luke.skr.jp で呼び出した場合、私のアカウントの www ディレクトリにある index.php が呼び出されて、この PukiWiki にリダイレクトされる。
  3. GET / HTTP/1.0 で Host: で申し込み時に決めた アカウント名.sakura.ne.jp で 呼び出した場合も、私の index.php が呼び出される。今は簡単なメッセージを出すだけ。
  4. GET / HTTP/1.0 で Host: に yahoo.co.jp などを指定した場合、共用サーバーの広告ページが出る。未登録のドメイン名は使えないということのようだ。

リンク


*1 カテゴリがリンクになっていないところがあった
*2 HTTP/1.1の場合、Host: を省略するとエラーが帰る

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-01-07 (木) 08:58:21 (710d)