もう少し何とかならないか


基本

Debianで標準インストールされる Anthy (uim) は、変換精度が悪くストレスがたまる。 ATOKのインストールも検討したが、Linuxのサポートが追いついていないようだ。 Google日本語入力と同じではないが、かなり近い使い勝手で mozc があるようなので、 使ってみることにする。

日本語入力のモジュールとして、漢字変換などを行うエンジンとは別に、 ユーザーインターフェースを提供するモジュールも選択する必要があり、 現在以下のようなものが主流になっている。

ibus-mozc

aptitude で ibus-mozc を入れる。squeeze-backports にあるので、/etc/apt/source.list にエントリを加えていない場合は、加える必要がある。関連する21ものモジュールも同時にインストールされる。

システム:iBusの設定:インプットメソッド(タブ):インプットメソッドの選択:というプルダウンのようなボタンがあるが、 押しても候補が出ないのではまった。ここにフォーカスをあてて上下矢印キーを押せば「日本語 - Mozc」という選択ができるようになる

外のサイトのスクリーンショットを見ると、 プルダウンでまず「日本語」を選び、その後 Mozc を選ぶようになっているようだ。 なぜか「日本語」の選択が現れない。

トリガーのキーボードショートカットは初期値では下記のようになっている。

RealVNC Personal Edition からスムーズにきりかえられるようにする。 7個以上は設定できないようなので、Alt+grave と Hangul と Alt+Release+Alt_R を削除して、 Zenkaku と Hankaku と Shift+space を加える。

問題点

  1. 半角/全角キーを単独で押した場合にトレーのiBusとmozcのアイコンが漢字モードと英数モードが高速に入れ替る
    • Shift+spaceで治ることからiBusのトリガー・キーにZenkaku や Hankaku を加えたことが原因かと思われる
    • 半角/全角キーを押して漢字モードあるいは通常モードに変えてすぐにキーを打てば問題ないが、 数秒放置すると発生する。Shift+spaceで戻る

uim-anthy

backportsを導入できない時は、Anthy (uim)を使うしかない。 漢字モードにした際に、スペースが全角になるのが嫌な場合は、~/.uim に以下のように設定する。(参考元)

(require "japanese.scm")
(define ja-direct-rule (cons '(" " " ") ja-direct-rule))

uim-mozc

aptitude で uim-mozc を入れる。mozc-server も同時に入るが、

libuim: [fatal] mozc plugin: Subsequent /usr/share/uim/mozc.scm load failed.
Warning: Module mozc is not a correct module.

という警告が出る。 入力選択のリストにも出てこない。

Bug#651167: uim-mozc: backported package does not work で報告されているようだ

結局、削除して ibus-mozc を入れた。

Related Link


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-03-06 (火) 14:01:16 (1846d)