emacsのアウトラインモードを使ってツリー状のドキュメントを編集


さくらのレンタルサーバー

ここさくらのレンタルサーバーに最近インストールされたemacsを使って、 何処からでもツリー状のドキュメントを編集できるようにしてみる。

まず日本語で書けるかどうかだが、C-\ による漢字変換はだめすぎる。 久しぶりにこんな変な漢字変換に出会った。

端末ソフトによってはうまくいかない可能性があるが、 TeraTermのUTF-8モードでうまく漢字を入力できている。

/.emacs は、以下のように設定

(set-language-environment "Japanese")
(set-terminal-coding-system 'utf-8)
(set-keyboard-coding-system 'utf-8)
(set-buffer-file-coding-system 'utf-8)
(setq default-buffer-file-coding-system 'utf-8)
(set-default-coding-systems 'utf-8)

TeraTermのキー配置

TeraTermのsshからコンソールモードのemacsを使っていると、 PageDownキーがうまく動作しないことに気が付いた。

TeraTerm で Insert/Home/Delete/End キーの入力 - fj.os.linux | Google グループ』によると、PageDown や End キーのコードが入れ替わっているように設定されているようだ。歴史的な意味があるのかもしれないが、 どう考えても変なので『ここ』を参考に KEYBOARD.CNF を編集した。

;Insert key
Insert=338
;Home key
Find=327
;PageUp key
Prev=329
;Delete key
Remove=339
;End key
Select=335
;PageDown key
Next=337

キーを押したときにどんなコードが出ているかは od -t a コマンドで調べた。TeraTermの配布状態では PageUpキーを押すと esc [ 3 ~ と表示されるが、望む設定は esc [ 5 ~ となって欲しい。

LogMeTTという付属のタスクトレー常駐型ランチャーで起動しているので、さくらのレンタルサーバーに接続するときだけ SAKURA.CNF を読み込ませようと、マクロで connect の引数に /K=SAKURA.CNF を加えてみたのだが、これもなぜか読み込んでくれない。

KEYBOARD.CNF ファイルカスタマイズする方法は、TeraTermをバージョンアップしたときなどに毎回やる必要がある、他の接続セッションに影響が出るかもしれないなど問題が多い。

あと、TeraTermでさくらのレンタルサーバーにログインすると、TERM=xterm になるのだが、TERM=vt100 emacs で起動すると、色は変なもののオリジナルのPageUpコードでも使えるのが不思議だ。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-06-27 (土) 13:49:15 (4027d)